ヨットで世界一周を出版現在、奈良を中心に水彩画を描いています。


by sketch-inworld

ポンタヴェンにて

今週は、大学がヴァカンスで一週間お休みです。この機会に、電車で二時間ほど北にあるポン=タヴェンという村に写生にゆきました。
この村にはかつてゴーギャンが住んでおり、仲間が集まって、ポン=タヴェン派を作っていました。村はとても可愛らしくいいところです。昼過ぎに着いたので、ロケハンを兼ねてあちこちゆきました(ゴーギャンの有名な黄色いキリストのモデルも見てきました)。その後、村の中心部に掛かる橋の近くでかわいらしい石でできた子屋があったので、子手馴しに小品を書きました。

a0154430_17411924.jpeg

a0154430_17432510.jpeg


# by sketch-inworld | 2019-02-19 17:44 | フランス | Comments(0)
Les Lieu Unique は ビスケットメーカー(LU社)が工場敷地に建設したカルチャースペースです。そこにはどこか不思議な塔が立っている。アールヌーボー様式だそうです。
LU社はビスケットメーカーでその製品「Petit Beurre LU」はいまでもフランス菓子の定番だそうです。早速買って食べてみる。上品な味である。
a0154430_05115011.jpeg


# by sketch-inworld | 2019-01-29 05:16 | フランス | Comments(0)
聖ピエール 聖ポール大聖堂の背面を描く。
逆光気味だったので、全体が暗くなった。光の当たっているところをうまく表現したかった。
a0154430_18581421.jpeg

# by sketch-inworld | 2019-01-27 19:01 | フランス | Comments(0)

フランスのナント市にて
a0154430_21164511.jpeg

年初にナントに来て生活を始めました。 半年はナント市で主にフランス語の勉強、後半半年はパリで美術の勉強を予定してます。
フランスに来てから、通常の生活に入るのに、なかなか、大変でした。日本人エージェントがつきっきりでサポートしてくれ、なんとか手続きがすみました。また、ナント大学に入学し、23日から授業が始まりました。初心者コースといえ、内容についていくのが苦痛です。半世紀前の大学受験頃は、若くて記憶力も高く、若いのはいいなーと感じています。クラスは10人程度ですが、20代の生徒産ばかりで羨ましい。彼らの邪魔をしないようがんばりましょう。
添付作品は、多少余裕ができたので、画がいてみました。(ロアール川の支流で、エルドル川です)


# by sketch-inworld | 2019-01-26 21:21 | フランス | Comments(0)
石膏木炭デッサンを初めてする。
今回で石膏デッサンをとりあえず卒業するので、木炭デッサンの手ほどきを受ける。
今まではずっと鉛筆デッサンであったので、多少の戸惑いがあった。
鉛筆では「近くは鮮やかに、遠くは鈍く」と言われ今日まで来たが、あまりよく解らなかった。
木炭デッサンではその違いがよくわかる。これが収穫であった。
a0154430_18422783.jpeg

# by sketch-inworld | 2018-11-14 18:44 | 鉛筆デッサン・クロッキー | Comments(0)